アクセス 院長紹介 医院設備 メール相談
矯正治療の限界とは

歯を動かせる場所には限界がある、特に日本人の口腔は小さい、動かしたくてもスペースに限りがある

解剖学的な限界

1.下顎歯列弓の前方限界

矯正治療の解剖学的限界1

下顎前歯の根尖の位置
これより前に下顎前歯は移動できない


2.下顎歯列弓の側方限界

矯正治療の解剖学的限界2

犬歯間幅径は一定性を示す
この幅は変わらない


3.下顎歯列弓の後方限界

矯正治療の解剖学的限界3

上行枝が限界
これより後に下顎臼歯は移動できない


4.上顎歯列弓の前方限界

矯正治療の解剖学的限界4

上顎前歯の根
これより前に上顎前歯は移動できない


5.上顎歯列弓の舌側限界

矯正治療の解剖学的限界5

口蓋板
これより後に上顎前歯は移動できない


6.上顎歯列弓の側方限界

矯正治療の解剖学的限界6-1

下顎歯列弓の大きさ・形態
上下の歯列の幅のバランスがある

上顎頬側にはもともと骨がない


7.上顎歯列弓の後方限界

矯正治療の解剖学的限界7

上顎結節
これより後に上顎臼歯は移動できない


8.上下顎歯列弓の垂直的限界

矯正治療の解剖学的限界8

垂直的に変化させることは困難である

歯の移動によって顎の位置が変化する
好ましくない変化が多い


メカニクス的な限界

矯正による歯の移動は歯と歯の綱引きである

矯正治療のメカニクス的限界1

動かしたくない歯も移動してしまう


矯正治療のメカニクス的限界2

垂直的にも動いてしまう


矯正治療のメカニクス的限界3

上下顎になると状況はさらに複雑となる


これらの問題を解決するには
セットアップモデルによる術後の予測、ミニインプラントによる矯正
上へ
お問合せ・ご予約
06-6344-5535

かわさと歯科は、矯正歯科の実績が豊富な大阪の歯科医院です