アクセス 院長紹介 医院設備 メール相談
矯正の治療方針

矯正治療方針

矯正の前に、まずはお話を聞かせて下さい

良い矯正治療を行うためには矯正技術も必要ですが、患者様の気持ちを知ることも同じくらいに大切なことだと考えております。
意思疎通ができないまま、ただ口を見るだけの矯正を行っていては、その場限りの矯正治療しかできず、いずれは、ひどい虫歯や歯周病になって必ず矯正したことを、後悔することになります。

皆様がお口に対してどのようなご不満・ご要望をお持ちなのかを私達がしっかり把握すること。これが最善の矯正治療を行うために一番大切なことだと考えています。
そこで、カウンセリングを実施し、お口について気になる点や矯正治療のご要望などを可能な限り詳細にお伺いいたします。

治療方針1

2.矯正以外の検査もしっかり行います

矯正に入る前に、お口の状況を正しく理解することも、最善の矯正治療を行なうためにはとても重要なことです。

矯正を最善のものとするためには、矯正に入る前に、なりかけの虫歯や、じわじわと気付かないうちに進行する歯周病などをみつけることが大切です。

そこで私達は、様々な検査機器を利用し、通常の矯正歯科医院では行なわない細かいレベルでの検査を行います。さまざまなお口の病気を事前に察知し、早期治療を行い、矯正を行います。

矯正後も予防によって、矯正のよって得られた健康なお口を生涯に渡って維持していきたいと考えています。

治療方針2

3.矯正以外のことでも何度でも説明します

インフォームドコンセント(説明と同意)という言葉が叫ばれているように、ご自身の現状をご理解いただかないまま矯正治療をすることは、現代の矯正医療機関としてあってはならないことです。

検査の結果は、私達が矯正治療に利用するだけでなく、皆様にもご理解いただけるよう、できるだけわかりやすく、ご説明させていただきます。言葉だけでなく、写真・レントゲン・模型などを用いるなどの工夫をして、より明朗な矯正医療を心がけています。矯正は当たり前として、矯正以外でも、分からないことがあれば、何度でもご説明させていただきます。

治療方針3

複数の矯正治療方法を提案します

矯正医療は日進月歩です。同じ症状でも矯正治療の方法はさまざまです。どのような矯正治療の選択肢があり、それがどのようなものなのか、また、どのような利点がありどのような欠点があるのかを理解することがとても大切です。

健康保険が適用できない治療のためめ、選択可能な矯正治療方法についてはすべてわかりやすくご説明させていただきます。それらを正しくご理解いただいた上で、患者様ご自身に矯正治療方法をご選択いただきます。

治療方針4
上へ
お問合せ・ご予約
06-6344-5535

かわさと歯科は、矯正歯科の実績が豊富な大阪の歯科医院です