アクセス 院長紹介 医院設備 メール相談
矯正後のゴールとは

矯正後のゴールとは

矯正後のゴールと一般歯科治療後のゴールに違いはありません。
それは、どちらも、天然の歯が治療のゴールになるからです。
というのは、やはり天然の歯が一番、理想的な形・並びをしているのです。
つまり、天然の歯が一番よく噛めて、丈夫で、長持ちするのです。
 
天然の歯というのは、人のもっている何も手を加えられてない歯をいいます。
人が生まれながらに持っている歯は噛むために理想的なため、天然の歯や歯列の位置、左右対称性、並び、形、大きさなどを参考にして、治療のゴールを決めます。
矯正後のゴールとは、天然の歯ということになります。

では、天然の歯はどんなに噛んでいるのでしょうか?

  • アンテリアガイダンス
    (前歯が噛んでいて、アゴの動きを誘導する)
  • バーティカルストップ
    (臼歯部の噛みあわせがしっかりしている)

があるというのが、噛んでいるということです。

簡単にいえば、前歯も奥歯もしっかりと噛んでいる、当たっているということです。
当たり前のようですが、噛んでいるとは、こういう事です。
そして、前歯も奥歯もしっかり噛んいでる人は、残念ながらそう多くはいません。
出っ歯、デコボコ、受け口、しっかり噛めますか?
見るからに前歯が当たってないようでは、しっかり噛めているわけがありません。

噛んでそうだが噛んでいない症例

噛んでそうだが噛んでいない症例1 噛んでそうだが噛んでいない症例2

矯正により理想的に噛ませた症例

矯正歯科治療により理想的に噛ませた症例1 矯正歯科治療により理想的に噛ませた症例2

矯正歯科治療により理想的に噛ませた症例3 矯正歯科治療により理想的に噛ませた症例4

矯正歯科治療により理想的に噛ませた症例5 矯正歯科治療により理想的に噛ませた症例6

矯正歯科治療により理想的に噛ませた症例7 矯正歯科治療により理想的に噛ませた症例8
上へ
お問合せ・ご予約
06-6344-5535

かわさと歯科は、矯正歯科の実績が豊富な大阪の歯科医院です